★特徴★

2015/12/19 ブログ
現在、お打合せをさせていただいているお施主様に
住ま居るさんと他社の違いは何ですか?と尋ねられました。

ハード的には基礎幅が他のハウスメーカーさんとは異なると思います。

建築基準法で決められている基礎幅は120mm以上となっています。
建売ですと基礎幅は120mmが多いと思います。
大手ハウスメーカーさんでも140mmが多いようです。
当社では160mmの基礎幅です。

又、防蟻保証10年、防水保証も10年としているのも当たり前と思っていましたが、他メーカーさんは5年が多いとの事でした。

その他でも制振ダンパーを取り付けていたり、本体工事に外水道の引き込みを入れていたりと異なる点は様々です。


ソフト的に大きな違いは「家を建てることの思い」です。
どのお住まいも自分が建てる家同様に考えています。
まずはこの気持ちが大きな違いです。

ですから、メリットもデメリットもきちんとお話ししてます。
例えば屋根一つにとっても私共はまずは切妻屋根を提案させていただいています。
屋根の一番の使命は雨から家を守ること。
雨仕舞がよく、水はけが良いのはシンプルな形の切妻屋根がベストなのです。
又、将来塗装の塗り替えをしたり、修繕をしたりする場合も切妻屋根の場合のほうが片流屋根や、寄棟屋根などよりコストがかからない場合が多いことなどもごご提案させていただく理由です。

そして、何より他の会社と違うことは

「お施主様からお預かりした契約金・着工金・上棟金・完成金はいただいたお施主様の現場に使用する」ということでしょうか。

当たり前の事のように聞こえますがこれが建築業界では難しいようです。
当社は大きな会社ではありませんが、経費を抑え余分な費用が掛からないよう、創意工夫をしております。
経費を削減し、お施主様の大切なお住まいに費用をかける。
そのことを心掛けております。

その証拠に当社ではJIOの完成サポートに登録しております。
この完成サポートの登録を行う為には決算書を提出し、支店長との面接があり審査を受けなければなりません。
以前勤めていた2社ではこの完成サポートに登録することはできませんでした。
それ位審査基準が厳しいのです。

規模が小さくても健全企業を目指す。
これが私共が起業するにあたり一番最初に掲げた思いです。