▼魔法の手▼2020年11月2日

2020/11/08 ブログ

先日、吉野の愛犬2頭をつれ、マッサージを受けに行ってきました。

施術をしていただいた先生は、動物をテーマにしたTV番組にも多数出演されていて、わんこの雑誌に特集の記事が載るほど有名な方で、実は私たちの先生でもあります。

私もドックマッサージの勉強をするようになってから、自分の愛犬や、吉野の愛犬を借りて、練習に励んでいるのですが、人間とは勝手が違い、じっとしていてくれないため、マッサージをする事さえおぼつかない状態です(泣)

その為、吉野の愛犬がマッサージを受けると聞いて、この日をとても楽しみにしていました。

 

この機会に先生の技術を盗もう位の意気込みでいたのですが、わんこを撫でながら軽い雑談をしていたかと思ったら、あっという間にわんこを寝かせ、マッサージを開始。

私がやっても、寝かせるだけで一苦労なのに、ものの3分ほどで目をしばつかせて、夢心地になっている姿をみて、『すご――――っ!』となり、盗む暇もありませんでした。。。(笑)

 

先生は筋肉の状態を見れば、大体どの辺が弱いのか、わかるそうでう。

その結果、シーズーのレンは『健康優良児』

タイニープードルのリンは右の膝が『膝蓋骨脱臼』になりやすい傾向があり、高さがあるところからのジャンプや過激な運動に注意が必要とのことでした。

事前に愛犬の弱いところなどを知っておくのはとても良いですね。

 

ルームメイトのルナちゃん、ハロウィン仕様でかわいいぃ~♡

アルちゃんはかっこかわいい!女子力高め♡