★天窓にご注意★2021年3月29日

2021/04/02 ブログ

市川市I様邸で散水試験を行いました。

以前から雨漏れで困っていたI様、外壁の塗装で足場をかける際に色々と調査して原因を探ってみましょうということになっていました。

まずは最上階から、そして順に下階へと怪しい箇所を探りました。

結果、天窓、3階居室窓サッシ部分、階段、2階居室窓サッシの4か所から水が浸入していることが確認されました。


まだ今の時点では推測ですが、サイディングのコーキングが切れている事と、施工不良による漏水ではないかと思われます。

特に施工で注意しなければいけないところは、天窓です。

天窓というと、屋根から星が見れ、周りの目を気にすることなく新鮮な空気を取り込めたり、何より天窓があるとお部屋も明るくて気持ち良いですが、屋根という、直接ダイレクトに雨にあたる部分であり、日光も一番当たるので、部品の劣化も激しいところです。

少しでも防水シートの張り方がずれたり、うっかり勝ち負けを逆に張ってしまったりすると、新築時は大丈夫であったところも、じわじわと危険が迫ってくるところなので、要注意です。

少々脅かしてしまったかもしれませんが、天窓に関しては特に、正しい施工とメンテナンスが大切です。