★コーキングを綺麗に仕上げるコツ★2022年2月5日

2022/02/13 ブログ

当社のもっとーは、お客様に満足していただくのはもちろんですが、請け負った工事のプラスアルファーを心がけています。

工事後のお掃除も徹底的にやりますし、お客様の目線にたって、年配の方なら、日頃手の届かない上部の部分のお掃除をしたり、外部工事でしたら、気になる雑草を抜いたり、建具がぐらついていたら、調整したり、請け負った仕事プラスアルファーをやる事を心がけています。

今回は、20年以上そのままでかなり劣化&汚れがあったキッチン周りのコーキングを打ち直しさせて頂きました。

最近では、DIYブームで色々とお家のメンテナンスをする方も多くなってきていますが、綺麗に仕上げるためには、下準備が重要です。

古くなったコーキングをカッターで切ながら、なるべく綺麗に取り除きます。

その後、周辺を入念にお掃除して、油分を取り除きます。

コーキング前には必ずマスキングテープで養生しますが、養生の幅は+1mmを意識します。

結構これで仕上がり具合が変わってきます。

いかがでしょうか?

柴田は現場の管理者ですので、職人の様には行きませんが、なかなか上手くできたのではないでしょうか。

今後もお客様に喜んでいただけるよう、お仕事していきたいと思います。